新着情報

ホームページを開設しました。

2012.03.30

平成23年度・文部科学省「大学の世界展開力強化事業」に九州大学が提案した『エネルギー環境理工学グローバル人材育成のための大学院協働教育プログラム』が採択されました。

プレスリリース資料はこちら

エネルギー問題とそれに関係する環境問題に関わる科学と技術(以下、「エネルギー環境理工学」)分野において、グローバルに活躍できる高度研究者・技術者を育成するための質保証を伴ったダブルディグリー理工系大学院協働教育プログラムを、九州大学(日本)、上海交通大学(中国)、釜山大学校(韓国)が共同開発し、本格的に実施していきます。

今回開設しました本サイトは、共用語を英語とし、3カ国協同でのプログラムにおいて、情報発信はもちろん、情報交換の場としても活用できます。

積極的に事業内容を公表し、透明性をもって推進して参りますので、関係者の皆様、学生の皆様、ぜひご覧ください。

スプリングセミナーを開催しました。

2012.03.17

3月12日から3月13日にかけてキャンパスアジアキックオフイベントとして
スプリングセミナーを開催いたしました。

セミナーにさきがけて、3大学の総長、副学長による調印式が行われ
正式にキャンパスアジアとしての活動がスタートしました。

セミナーでは大屋裕二教授による基調講演を始め、総合理工学府内にある5専攻の紹介、
学生によるプレゼンテーション、伊都キャンパスにある水素センター見学など
非常に充実した内容で実施しています。

Student Debate Session report

今後、キャンパスアジアプログラムでは、事業を通して
エネルギー環境理工学分野でのグローバル人材育成に努めて参ります。

CAMPUS-Asia Spring Seminar Report