新着情報

大学評価・学位授与機構 訪問について

2012.11.30

大学評価・学位授与機構(NIAD)が実施する、「キャンパス・アジア」パイロットプログラム(平成23年度大学の世界展開力強化事業
A-Ⅰ採択プログラム)に対するモニタリングの基準、枠組みについての意見交換・ヒアリングを九州大学にて実施いたしました。
このヒアリングについては、キャンパスアジア構想責任者:寺岡靖剛教授、国際コーディネーター:田邉哲朗特任教授同席のもと、NIADよりモニタリングの基準(案)について意見収集、併せてプログラムが実際にどのような取り組みを行っているか、計画通り進展しているか等を含めてヒアリングが行われました。

<大学評価・学位授与機構 訪問者>
・岡本 和夫理事
・林   隆之研究開発部准教授
・金   性希研究開発部特別研究院
・秦   絵理評価事業部国際課長
・井福竜太郎評価事業部国際課国際第1係員

このヒアリングで得た内容は、今後モニタリングの基準・枠組み(案)の最終確定時に活用されるとともに
「キャンパス・アジア」プログラム展開に役立てられます。



 

 

PNU留学中の学生への状況視察とPDCA委員会実施

2012.11.28

8月31日よりPNUへ留学中の九大生3名(松本君、半澤君、白石さん)との
状況視察を兼ねて、寺岡教授を始め関係者一行でPNUを訪問しました。

併せて、両大学キャンパスアジア関係者が一同に集まりPDCA 委員会を
開催しました。現在の交換留学生の状況報告及びダブルディグリー取得に
向けた体制づくりなど話し合いは多岐にわたり、非常に充実した会議となっています。
留学中の学生との懇談では、現況確認や意見抽出も行い、次回の派遣留学時の
参考としていく予定です。


 

 

 

 

 

 

寺岡教授、Huang Zhen SJTU副学長を訪問

2012.11.27

当プログラム構想責任者:寺岡靖剛教授が、SJTU Huang Zhen 副学長を訪問いたしました。
キャンパスアジアに関する事項について、大変有意義な話し合いとなった模様です。

12月には、田邉教授を筆頭にKUより再訪問し、現在SJTUに留学中の
学生との懇談、ダブルディグリーに向けた協議を実施予定です。

English class has started!

2012.11.14

ALC教育社による実践英語教育(後期)が始まりました!

今回はPNU,SJTUからの留学生も交えてより
活発なクラスになりそうです。

学生は同時にTOEICも受験して、英語向上にむけて更に
励んでいます。

授業風景 Given by Mat,


授業風景 Given by Philip,

Pictures from SJTU

2012.11.07

上海交通大学に留学中の九大学生の写真が届きました。
それぞれに皆頑張っている様子です。


Making dumplings                        Ningbo Trip(1)


Ningbo Trip(2)                          A party

Pictures from PNU

2012.11.06

PNUに留学中の九大生3名
(半澤君、白石さん、松本君)の様子を伝える写真が
PNUより届きました。
テレビ会議の様子(こちらは10月26日にKUもアップしています)、
Choi先生との会食、韓国語、英語クラスの様子です。
1月にはPNU学内のWinter Workshopにも参加します。



   

 

Field trip to Aso

2012.11.05

11月4日(日)、C-Asia留学生一同、サポーターの学生、王先生、朴先生一同
熊本方面へのField tripへ参加しました。
やや肌寒い天候でしたが、学生達は楽しい思い出が作れた様子です。