新着情報

CAMPUS Asia サマースクール2015 (8/17~27)

2015.09.03

27年度キャンパスアジアプログラムサマースクールを8月17~27日に実施し、成功裏に終了した。
サマースクールには、キャンパスアジアプログラムの主たる目標である大学院修士課程でのダブルディグリー(DD)取得をめざした学生だけではなく、各大学から非DD生も参加させており、今回、九大33名、釜山大30名、上海交通大39名が出席合わせて102名もの大学院生が集う一大サマースクールとなった。
サマースクールは大学院総合理学府EEST国際コースのカリキュラムに従って行われ、中でもM2のDD生の研究発表は、修士論文の中間審査と位置づけられており、3大学から参加した教員により審査/評価が行われた。
8月25日に台風の直撃を受け、当日は全日休校にせざるを得なかったが、急遽スケジュールを調整して、全体としては当初予定していたプログラムをすべて行う事ができた。最終日には全員にサマースクール出席を認めた終了証を授与した。
前半3日間は九大の九重研修施設で行うことにより、まさに同宿同飯で3大学の学生間の懇親が一気に深められ、その後のプログラム遂行に大いに役だった。
ニュースレター:http://www.tj.kyushu-u.ac.jp/campus-asia/electro/newsletterVol.3-jp.pdf