新着情報

スプリングセミナー2017 キックオフシンポジウム(2/22)の開催・鹿児島校外学習(2/23-25)

2017.02.28

九州大学キャンパスアジアは第Ⅱ期に入り、今年度のスプリングセミナー初日にキックオフシンポジウムを開催しました。
シンポジウムには日中韓の三大学からキャンパスアジアの学生が約50名、教職員が約30名出席、また多くの来賓や関係者を迎えて、プログラムの説明、調印式、レクチャーなどが行われ、盛会裏に終了しました。また翌日からの鹿児島地方への校外学習にも3大学の学生・教職員併せて50名以上が参加し、さまざまな学習、体験をしました。
このスプリングセミナーの4日間、学生は仲間たちと一緒にハードスケジュールをこなし、さらに交流を深めたことで、これからもキャンパスアジアプログラム生として三大学の国際的ネットワークを強化してくれることでしょう。


              
 キックオフシンポジウム会場                   伊藤早苗理事による開会挨拶



            
   文科省 田浦分析官のご挨拶                列席の各国教授



       
緒方副学長による九大国際教育の紹介        CA責任者 水野教授からプログラムの説明


    
                   三大学の教授によるレクチャー



 プログラム第二期の交流協定調印式
 上海交通大学 Yang教授、 九大 原田教授、 釜山大学校 Lee教授



シンポジウム会場にて 関係者集合写真


 
九州電力 川内火力発電所見学

       
   学生によるグループプレゼンテーション         仲間の発表を熱心に聴く学生たち


        
 自己紹介を兼ねた意見交換               ディスカッションセッション 
     
    
                        霧島神宮訪問
      
    
        
   京セラ社訪問                   京セラ展示館で熱心に見入る学生たち

    
  実際の開発製品を観察中

      
       
        鹿児島市 仙巌園・尚古集成館見学