九州大学 博士課程教育リーディングプログラム


プラクティススクール

GAコース生は、大学院入学後2年の間(修士課程に相当)に、プラクティススクールを行います。これは、民間企業や研究機関で1か月程度のインターンシップを行い、産業の現場で必要とされる知識や技能を体感して学習することを目的としています。行先(ホスト機関)は、原則として日本国内の企業または研究機関となります。ホスト機関は、メンターとよく相談して決めてください。

プラクティススクールは、修了要件およびQE合格要件の「プラクティススクール(2単位)」として成績・単位認定されます。

<プラクティススクールの流れ>

1) どのホスト機関に行くか、メンター(およびホスト機関の担当者・関係者)と相談
2) 実施の3ヶ月前を目安に、ホストや期間、研修内容について「プラクティススクール計画書 」に記入し事務局へ提出 →E-mail to:greenasia[at]ga.kyushu-u.ac.jp
内容確認後、GA学務委員会で参加の可否が決定されます。
3) 出張手続き(詳細と書類のダウンロード)
「出張申請書」 「日程表(カレンダー)」「宿泊先料金がわかるもの」「航空券の予約確認書(旅程表)・領収書」等を事務局へ提出 → E-mail to: greenasia[at]ga.kyushu-u.ac.jp

総理工の学生は「インターンシップ届」と「海外渡航届(海外へ行く場合のみ)」の原本を教務課へ提出
工学府の学生は「インターンシップ届」と「海外渡航届(海外へ行く場合のみ)」の原本を事務局へ提出
4) ホスト機関で実習開始(開始時と終了時に事務局へ連絡)
5) 終了後の手続き(詳細と書類のダウンロード
1週間以内に「出張報告書 」「航空券の半券」「宿泊先の領収書」等を事務局へ提出 
1か月以内に「プラクティススクール報告書(学生)」「同(ホスト機関担当者)」「同(メンター)」を事務局へ提出(プラクティス計画書と同一ファイル)→ E-mail to:greenasia[at]ga.kyushu-u.ac.jp
6) プラクティススクールの実習内容について口頭発表(英語)を実施
(2015年度実績:発表8分・質疑応答7分)
これに先立ち、A4用紙1ページで発表の予稿(英語)を作成し、事務局に提出する
発表会は、10月と2月(QE時)に行われ、コース生はどちらか都合の良い方で発表する

※注意事項

・いつプラクティススクールを行うかは各コース生の判断に委ねますが、講義や他の行事との兼ね合いを考え、大学院入学後2年目の夏期(10月入学生は1年目の夏期)に行うことを推奨します。

・事務手続き上、プラクティススクールは「出張」として扱われます。これに必要な経費(交通費・宿泊費・日当)として、コース生には一人当たり最大20万円(H28年度)を確保しています。原則として、この予算範囲でホスト機関と期間(原則1か月程度)を決定してください。

出張手続きは、遅くとも2ヶ月前には書類を全て揃えて完了してください。手続きが遅くなると、出発前のお支払い(概算払い)ができず、終了後のお支払い(精算払い)となりますのでご注意ください。

・学研災付帯賠償責任保険(学研賠:教務課で申込可)、および海外へ行く場合は旅行中の医療保険に必ずご加入ください。

「ホスト機関が諸経費を補助してくれる」等の事情がある場合は、期間を延長する/海外のホスト機関を選択するなどできます。そのような場合は必ず事前に事務局に相談してください。

・「ホスト機関から報酬や日当を受給する」場合は、GAの奨励金の金額が調整(減額)されますので、事前に事務局にご相談ください。

「研究室の経費から出張する」等の事情がある場合も、その経費で実施する/海外のホスト機関を選択するなどできます。但し、GAの経費と合算して出張申請できないため個別に計画・実施してください。この場合も必ず事前に事務局にご相談ください。

プラクティススクールに関する質問や相談事項があれば、担当教員のSpring助教(spring[at]cm.kyushu -u.ac.jp)まで連絡してください。