公開講座

公開講座

明日の科学と技術は、私達の生活にどのようにかかわってくるのでしょうか。 現状と将来を眺め、どのように対処すべきか一緒に考えてみませんか。
 この講座は九州大学筑紫キャンパスにおいて、とくに地域の方々に対し、開かれたキャンパスの期待に添うための一つの試みとして、昭和60年から引き続き企画されているものです。多数の方々の参加をお待ちしております。

  • セミナー全般に関する問合先
  • 九州大学 筑紫地区事務部 庶務課 庶務係
  • 〒816-8580 福岡県春日市春日公園6-1
  • TEL: 092(583)7502 FAX:(092)583-7060

2016年度の公開講座は定員に達しましたので、受講受付を終了しました。

会場:九州大学筑紫地区 総合研究棟3階講義室
プログラム
  「風の気象学入門」  山本 勝 准教授
  「気候変動と大気汚染の関係」 竹村 俊彦 教授
  「地球温暖化と海-日本海異変」 千手 智晴 准教授
  「海洋プラスチック汚染-漂流するマイクロプラスチック」 磯辺 篤彦 教授
  「宙から見る海洋」 市川 香 准教授 公開資料(9月末まで限定)
  「実用的海洋学」 広瀬 直毅 教授

お申込期間:平成28年5月14日(土)~7/22(金)


これまでに開催された公開講座

2015年度 
(平成27年度)
エネルギー・環境問題に貢献するグリーンサイエンス
ポスター
2014年度 
(平成26年度)
サステナブル社会実現に貢献する日本の先端的省エネルギー技術
ポスター
2013年度 
(平成25年度)
最先端・次世代プラズマ科学
-万物流転の法則から医療滅菌まで-
ポスター
2012年度 
(平成24年度)
我が国の未来産業を牽引する新材料、新機能
ポスター
2011年度 
(平成23年度)
宇宙・大気・海洋環境の科学
ポスター
2010年度 
(平成22年度)
グリーンエネルギー技術の最前線
ポスター
2009年度 
(平成21年度)
環境と共に生きる社会の構築と省エネルギー技術
ポスター
2008年度 
(平成20年度)
プラズマの拓く未来社会
-応用技術と核融合エネルギー-
ポスター
2007年度 
(平成19年度)
センサー技術、最前線
ポスター
2006年度 
(平成18年度)
地球環境を考える
-深海開発から宇宙環境までの最前線-
ポスター
2005年度 
(平成17年度)
環境問題と持続可能社会 
-地球環境問題から大量エネルギー消費社会を考える-
 
2004年度 
(平成16年度)
地球を守って豊かな生活を 
-環境にやさしい物質とシステムの開発-
パンフレット(pdf)
2003年度
(平成15年度)
環境調和型エネルギーの開発 
核融合からソフトエネルギーまで
 
2002年度
(平成14年度)
環境予測はどこまで可能か? 
九州の空と海のシミュレーション
 
2001年度
(平成13年度)
21世紀の夢の科学技術 
ナノテクノロジーの世界を体験する