scroll


在学生の皆様へ

ホーム > 在学生の皆様へ > 安全教育

安全教育

総合理工学府では新入生に対して安全衛生教育を実施しています。 安全衛生教育は,学府共通の教育,専攻共通の教育,研究室独自の教育と,各人の研究環境に応じた教育を実施します。 そして,この安全衛生教育の全てのコースを受講し,「レポート」と「安全管理に関する確認書」を提出した後,研究活動を開始することができます。

 

学府安全衛生教育
(担当:副学府長):
入学式オリエンテーション時に,安全教育の趣旨,必要性,教育システムの概要を説明します。
専攻(グループ)安全衛生教育
(担当:専攻安全委員,他):
学府が編集,発行している冊子「安全の指針」に基づいて,安全衛生管理,廃棄物,化学物質,電気,機械類,ネットワークなど,具体的な項目ごとに講義を行います。
研究室安全衛生教育
(担当:研究室):
研究室特有の事項に関して,安全衛生教育を行います。

 

九州大学 工学部 融合基礎工学科

“工学系分野の融合”ד情報科学”を基軸とし、広い視野と実践的な行動力をもったAI時代のリーダーを創出


キャンパスアジア EEST

エネルギー環境理工学グローバル人材育成のための大学院協働教育プログラム


EVERGREEN

Joint Journal of Novel Carbon Resource Sciences and Green Asia Strategy


IEICES

Annual International Exchange and Innovation Conference on Engineering & Sciences