scroll


研究室・教員・研究テーマの検索

ホーム > 学府について > 研究室・教員・研究テーマの検索

検索キーワード:生命有機化学 

1 研究室が該当しました。

ブックマークリストからオンライン面談や研究室訪問の申し込みが出来ます。

[I類] 生命有機化学研究室

化学・物質理工学メジャー


教授 新藤充 , 准教授 狩野有宏 , 助教 田中淳二 , 助教 岩田隆幸,  
研究室サイトへ

新藤・岩田:有用な有機分子の開発に向けて、高エネルギー反応剤であるイノラートを核に新規合成反応の開拓を行っています。さらに生命現象の理解と自在制御を目指して、これら精密有機合成化学を駆使した生体作用分子の設計、合成、評価を行っています。また、イノラートによる新奇なトリプチセンの合成を起点に機能性分子の創出を行っています。キーワード:有機合成・生物有機化学・反応開発・全合成・生体作用分子・機能性分子・天然物・抗がん剤・アレロパシー・重力屈性・分子プローブ
狩野:癌(がん)細胞は、本来必要な細胞に遺伝子変異が蓄積し暴走したものです。一方免疫システムは、がん細胞の出現を監視し排除していることがわかってきました。ここでは、がん細胞の異所性生着・増殖能獲得メカニズムや、特にマクロファージに注目したがん免疫の解明に取り組んでいます。また、得られた成果を元に新たな概念のがん治療法の開発を目指しています。


●イノラートを用いた新規有機合成反応の開発(新藤・岩田)
●新規触媒反応の開発と有機合成(新藤・岩田)
●生体作用分子の設計・合成と医薬・農薬への応用(新藤・岩田)
●生体解析用分子ツールの開発(新藤・岩田)
●複合トリプチセンの合成と分子機能(新藤・岩田)
●腫瘍浸潤免疫抑制性細胞の解析とその誘導機構の解明(狩野)
●免疫細胞を標的とした新たながん治療戦略の開発(狩野)


研究室・教員一覧 

九州大学 工学部 融合基礎工学科

“工学系分野の融合”ד情報科学”を基軸とし、広い視野と実践的な行動力をもったAI時代のリーダーを創出


キャンパスアジア EEST

エネルギー環境理工学グローバル人材育成のための大学院協働教育プログラム


EVERGREEN

Joint Journal of Novel Carbon Resource Sciences and Green Asia Strategy


IEICES

Annual International Exchange and Innovation Conference on Engineering & Sciences